FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

≫ EDIT

Facebookより 手術見学 1月28日 SCS手術

2020年1月28日のオペ見学です。
本日はオーストラリア、メルボルンの

「プレジション 脳、脊髄、痛みセンター」
(Precision Brain Spine and Pain Centre)から
ペインスペシャリストである
Dr.リチャード・サリバン(Dr.Richard Sullivan)先生が来院され
SCS埋込術(脊髄刺激療法による電極の体内設置)にご参加されました。
今回はペインクリニック外来の一同と記念撮影も撮っていただきました。

皆様お疲れさまでした。

IMG_4636.jpg IMG_0974.jpg IMG_4676.jpg IMG_4639.jpg

≫ Read More

| Facebook | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月外来診療担当表

2月 全体外来表(報道用)_02 
※ダブルクリックで拡大

| 外来診療日担当表 | 16:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 手術見学 1月23日 SCS手術

2020年1月23日のオペ見学です。
本日はSCS埋込術(脊髄刺激療法による電極の体内設置)を行いました。

大阪医科大学附属病院 麻酔科・ペインクリニック
石尾純一先生、中尾謙太先生がご参加されました。

皆様お疲れさまでした。

IMG_4486.jpgIMG_4490.jpg 


■脊髄刺激療法(SCS法)
硬膜外腔にリード(刺激電極)を挿入し、電気回路と電池が内蔵された刺激装置から脊髄に微弱な電気を流すことにより、痛みの信号が脳に伝わるのをマスクすることにより、痛みを緩和する治療法です。患者様が自分の痛みに応じて刺激を調節し、痛みをコントロールします。50%~70%痛みを軽減することが目標で、鎮痛剤の使用量減少や睡眠時間の増加等QOLの向上が期待できます。
また、硬膜外腔にリードを置くため神経を傷つけず、手術前の状態に戻すことも可能です

| Facebook | 08:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年末年始のご案内

年末年始のご案内

【釧路三慈会病院】
12月29日~1月3日まで休診

12月28日(土曜日)午前診療、
1月4日(土曜日)午前診療


【西池整形外科クリニック】
12月29日~1月5日まで休診

12月28日(土曜日)午前診療
1月6日(月曜日)午前・午後診療


| お知らせ | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 3階病棟

3階
こんにちは。3階病棟です。
今回は骨折に多い大腿骨頚部骨折についてお話します。大腿骨の一番上は球形をしているので骨頭、そのすぐ下の細い部分を頚部といい頚部が転倒により折れてしまうことを大腿骨頚部骨折といいます。
骨の表面には外骨膜があり折れた骨を治癒するための重大な役割があるのですが頚部には外骨膜がなく偽関節(骨折部がくっつかず、関節でない所が関節のように動いてしまう)になりやすいのです!
また大腿骨頚部には細い動脈があり損傷を受けると骨壊死を起こしてしまう危険性もあります。
冬に多い転倒ですが夏も油断大敵です!!もし、転倒後に痛みがでたり、腫れてきたら早めに受診してくださいね。


| Facebook | 13:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT