FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地域医療研修 感想

7月3日~17日の間、当院で研修された船橋医療センター陶山謙一郎先生によ
る地域医療研修の感想が船橋市立医療センターNewsに掲載されました。

船橋医療センター 感想 

【記事内容】

今回私は地域医療研修のために、釧路三慈会病院で研修を行ってきました。
研修期間は7月3日から17日の2週間でした。その時期千葉では気温30℃を超え
る日が出始めていましたが、釧路は驚くほど涼しく、平均気温は18℃前後でし
た。
気候だけでなく、三慈会病院と船橋市立医療センターでの研修は様々な違いが
あり、とても新鮮な経験ができました。
研修をしていく上で一番大きな違いは、三慈会病院が整形外科と循環器内科を
中心とした病院であり、船橋市立医療センターのような総合病院ではない点で
した。
入院患者さんが整形外科と循環器内科以外の病態になった場合、医療センター
のようにすぐに各科の先生に相談はできません。専門外でも自分達で対処しな
ければならず、対応しきれない様な時は搬送先を探さないといけなくなりま
す。
医療センターのように各科が揃い、いつでも他の科の先生方へ相談できるのは
恵まれた研修環境なのだと実感しました。
地域医療研修ならではと感じたのは、病院職員の協力体制でした。
三慈会病院は医療センターのように大きな病院ではありませんが、その分医
師・看護師・コメディカル・事務の人達のコミュニケーションが取りやすく、よ
り協力しやすい体制ができていました。
高い専門性を保ちつつ、地域病院の様な、良好なコミュニケーション性を取り
入れていくことがより良い医療の提供につながるのではないかと感じた地域
医療研修でした。
初期臨床研修医 陶山 謙一郎


| その他 | 11:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT