FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Facebook 臨床検査科より

こんにちは検査科です。今回は頸動脈エコー検査についてお話します。

頸動脈は脳につながる大切な血管です。この血管がつまったり細くなったりすると、脳に十分な血液が流れません。頸動脈エコー検査は頸動脈狭窄や閉塞、あるいは脳塞栓になり得る動脈硬化性血管病変の発見はもちろん、体表面に近い動脈のため全身の動脈硬化度の指標となる検査です。
動脈硬化は高血圧・糖尿病・高脂血症・喫煙・ストレスなどの影響をうけて進み、将来的に心筋梗塞や脳卒中を起こしやすいことが報告されています。

検査は仰向けに寝た状態で枕を外し、首の部分にゼリーを塗りプローブをあてて行い、左右合わせて15~20分程度、痛みもなく終わります。実際には血管内の内中膜複合体(IMC)と呼ばれる壁の厚さや、プラーク(血管内に限局的に突出した病変)による狭窄や閉塞、狭窄部分の血流の速度を測定します。IMCが1mmを超えると動脈硬化が疑われます。狭窄度は程度により軽度(30~49%)、中等度(50~69%)、高度(70%以上)に分類されます。

エコー検査の中では比較的短時間・簡易な部類となります。既往・生活習慣等気になる方は近隣の実施施設にてご相談ください。
FB 画像


| Facebook | 11:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT