FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Facebook 3階病棟

こんにちは。3階病棟です。
もうすっかり寒くなってきましたね。風邪などひかないように温かい格好をしてお出かけしてくださいね。

今回は脊椎と装具についてお話しさせていただきたいと思います。
脊椎(せきつい)は一般的に背骨といわれている部分を指します。人間の身体を重力から支える役割を持っており、脊椎は、頸椎(7椎、まれに8椎)、胸椎(12椎)、腰椎(5椎)、仙尾椎(3-6椎)の椎骨から形成されています。

骨と骨は関節でつながっており、その間にはクッションの役割をする椎間板があります。脊椎の疾患もヘルニアや狭窄症など多数あり、当院でも2名の脊椎専門Drにより脊椎の手術を行っています。脊椎は体の支えでかかせない大切な一部です。

疼痛や痺れにより日常生活に影響を及ぼすことも多々あり手術を行う人も少なくありません。腰の手術をすると腰への負担を軽減させる目的で脊椎の装具を使用することもあり、自分の体にあったものを使用する必要があるので義肢さんに採型してもらいます。

手術方法によって使用する装具は異なり、一般的にはダーメンと言われるメッシュ地の装具を採型することが多いですが、より強度な腰部の支えが必要であればプラスチックの硬性コルセットを作成し使用します。どちらも腰部の支えを必要とする術後にはかかせない装具です。

3f2.jpg

3f1.jpg

| Facebook | 09:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT