FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Facebook 放射線科より

レントゲン写真&エックス線写真

病院ではよく「写真を撮ってきて下さい」「レントゲンを撮ってきてください」と言われる事がよくあるのではないでしょうか?

正式には「X線写真」が正しい名称なのですが、そもそもなぜレントゲン写真と呼ばれているのでしょうか?これはX線を発見したウイヘルム・コンラッド・レントゲン博士に由来する俗称です。X線はレントゲン博士によって1895年に発見されました。

X線は放射線の中の一種で、他に有名なものはα線、β線、γ線などがあります。病院での通常の撮影はX線が主に使われています。

写真を撮影するときには、検査着に着替えたり、ボタンや金具の付いた服を脱いでいただいたり、湿布やカイロなどを外していただいたりしますが、これは写真に余分なものが写りこまないようにして診断の妨げにならないようにするためです。

また、息を止めて撮影を行なう場合がありますが、これは呼吸による写真のブレを抑えるために行います。特に胸部、腹部での撮影で多く行われます。

以上、一般的なX線写真の撮影について説明させていただきました。
doctor_xray_rentogen.png

| Facebook | 11:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT