FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Facebookより 医療講演会 ANAクラウンプラザホテル釧路

2月7日(金)ANAクラウンプラザホテル釧路にて、【日本医師会生涯教育講座 道東TKAセミナー】が行われました。
日本医師会生涯教育講座(1.5単位)、日本整形外科学会教育研修単位、日本リウマチ財団リウマチケア専門職教育研修単位(薬剤師/看護師)1単位などが取得可能な医療関係者向けセミナーとなります。

座長に当院副院長 西池修先生を迎え、一般演題演者には網走厚生病院の後藤礼大先生が「当院におけるRAに対する治療方針 -安全にDMARDS・生物製剤を使うために-」を講演されました。

特別講演では京都大学大学院医学研究科 整形外科学助教 栗山新一先生が「生体力学シミュレーションから考える膝関節手術」として、コンピューターによる3D解析をつかって術後の運動負荷状態を可視化しながら、器具の形状、手術の方法を研究している様子を見せていただきました。

先生がた、皆様おつかれさまでした。

R20207_1.jpg R20207_2.jpg R20207_3.jpg R20207_4.jpg

| Facebook | 10:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 4階病棟

こんにちは4F病棟です。
前回に紹介したロコモティブシンドローム(運動器症候群)と関係のある骨粗鬆症についてお話しします。

ロコモの原因となる主な運動器疾患は
 骨粗鬆症(骨量が低下して骨がもろくなる)、変形膝関節症(膝関節軟骨のすり減りなどが原因で、膝に慢性的な痛みが起こる)、脊柱管狭窄症(脊柱管の変化により中を通る神経が圧迫され、足腰にしびれや痛みが起こる)の3つがあります。
 中でも骨粗鬆症になると、転倒によって骨折を起こし寝たきりになる可能性が高まります。寝たきりにならない為にも骨粗鬆症を予防、治療をして骨折を防止することが重要です。

骨粗鬆症を予防するために!!
○骨を強くするためには適度な運動、日光浴、十分な栄養が必要
 適度な運動とカルシウムとビタミンDの摂取が必要です。カルシウムは腸で吸収されにくいので、吸収率の高い乳製品や小魚、大豆製品で摂るとよいでしょう。
○50歳になる前に対策を始めましょう
 骨は強度を保つために、性ホルモンの働きによって常につくり替えられています。しかし性ホルモンが減少する50歳前後、特に女性は閉経後、急激に骨量が低下します。骨粗鬆症予防に大切なことは、50歳以降の骨量低下を食い止めることです。
○骨量はどんな検査でわかるの?
 X線や超音波を当てる検査で測定できます。
 骨に含まれるカルシウムの量(骨量)は、整形外科やレントゲン撮影装置のある医療機関などで、X線や超音波を当てて簡単に計ることができます。
○骨粗鬆症は治療できるの?
 お薬で治療できます骨粗鬆症のお薬を継続することで、骨折をするリスクが低くなります。しかし、症状がよくなっても病気が治るわけではありません。自己判断で治療を中止せず、継続することがとても重要です。

☆骨粗鬆症のサイン 見逃さないで!!!
  ①背骨や腰がまがってくる
  ②身長が縮んでくる
  ③立ち上がる時や重い物を持つ時に背中や腰が病む
 初期には自覚症状がありません。このような症状が見られたら、進行しているサイン。
 1つでも当てはまる場合は、早めに受診し治療を行い骨折を防ぎましょう。

| Facebook | 13:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 薬局

こんにちは。薬局です。
最近は色々な媒体で“ジェネリック医薬品”という言葉を見聞きすることが多いのではないかと思います。安いお薬という認識をお持ちの方は多いと思いますが、知らない部分も多いのではないかと思います。ということで今回はジェネリック医薬品についてお話させていただきます。

まずジェネリック医薬品とは新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、新薬と同一の有効成分を含み、同一の効能・効果を持つ医薬品と定義されています。

ジェネリック医薬品のメリットは先発医薬品の5割~7割の価格で患者様のお薬代の負担を減らし、国の医療費削減に役立つこと、また錠剤を小さくしたり、苦みを少なくしたりと飲みやすさや使用感が改良されたものもあります。

デメリットとしては有効成分の働きは新薬と同一なのですが、製法や添加物はジェネリック医薬品を製造する製薬会社ごとに異なるため、稀に効き目の良し悪しや副作用の違いが現れることです。しかし、このデメリットを克服したオーソライズドジェネリックというジェネリック医薬品も存在します。オーソライズドジェネリックとは新薬の特許等の使用を認められ製造された有効成分、製法、添加物がまったく同じジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品の使用に不安を抱いている方も安心ですね。

正しい知識を持つことでより安心してお薬を飲んでいただけるのではないかと思います。

medicine_generic.png

| Facebook | 13:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 手術見学 1月31日 TKA手術(ナビオ)

1月31日(金曜日)西池修先生のロボット支援手術システムNAVIOを使用した
TKA(人工膝関節全置換術)手術見学コースに、
埼玉協同病院から医師1名と看護師3名がご参加されました。

・桑沢綾乃先生(関節治療センター 副センター長兼 整形外科部長)
・黒田菜帆看護師・宮下亜美看護師・吉田佳枝看護師

皆様おつかれさまでした。



ロボット支援手術システムNAVIO(ナビオ)とは
 人工膝関節手術を支援するロボット。赤外線センサーで靭帯の動きを把握したり、
骨を削る範囲を自動制御することが可能です。

IMG_1055.jpg IMG_1068.jpg

| Facebook | 16:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 手術見学 1月28日 SCS手術

2020年1月28日のオペ見学です。
本日はオーストラリア、メルボルンの

「プレジション 脳、脊髄、痛みセンター」
(Precision Brain Spine and Pain Centre)から
ペインスペシャリストである
Dr.リチャード・サリバン(Dr.Richard Sullivan)先生が来院され
SCS埋込術(脊髄刺激療法による電極の体内設置)にご参加されました。
今回はペインクリニック外来の一同と記念撮影も撮っていただきました。

皆様お疲れさまでした。

IMG_4636.jpg IMG_0974.jpg IMG_4676.jpg IMG_4639.jpg

≫ Read More

| Facebook | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT