FC2ブログ

946三慈会病院 ちょっとした出来事

釧路三慈会病院で起きた最近の出来事やお知らせを更新していきます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Facebookより 手術見学  3月14日 SCS

2019年3月14日 聡先生のSCS脊髄刺激装置手術コースに、八尾市立病院 循環器内科副医長 槙野啓介 先生がご参加されました。

両先生お疲れ様でした。

IMG_9535.jpg mIMG_9555.jpg mIMG_9560.jpg

| Facebook | 10:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 外来

まだまだ春には遠いですが、釧路も少しずつ暖かくなってきました。春が待ち遠しい今日この頃。外来です。

少しずつですが、寒暖の差が出てきております。皆様、風邪など引かれてはいませんでしょうか。日中の暖かさで雪が解け、夜や朝に凍結するために滑りやすくなってきています。まだまだ、転倒にはご注意いただき、車の運転もブラックアイスバーンが多くなっていますので安全運転でお願いします。

日中の雪解けで氷の上が滑りやすくなっているせいか、転倒される患者様の来院が先月の寒気到来の時期より多くなっているような感じがします。日中外出される方、氷割をされる方はくれぐれもお気を付けくださいますようお願いいたします。

■

| Facebook | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 薬局

こんにちは、薬局です。今回は「くすりの使用期限と上手な保管方法について」簡単にお話いたします。くすりは、未開封の状態だと、製造してから35年程度は効き目が変わらずに使えるように品質を確認する試験をおこなっています。

一般用医薬品の場合は、外箱に使用期限が印刷してあるので、それを確認するとわかります。特に、シロップ剤や点眼剤などの液状のくすりは、開封後は品質が変わりやすいので注意が必要です。

病院などで処方された医療用医薬品の場合は、医師が診察時の患者さんのその日の体調や症状などに合わせて、最適に処方したものなので、医師の指示通りに最後まで服用してください。のみ忘れなどで残ったからといって、あとで同じような症状の時に使ったり、他の人に勧めたりしてはいけません。自己判断で使用すると、効果があまりなかったり、症状がさらに悪化したり、思わぬ副作用が出たりすることもあります。

一般的にくすりの保管温度は、30℃以下(室温保存の場合)や、または15℃以下(冷所保存の場合)で、凍結する場所は不可とされています。夏の盛り、炎天下での車内では高温になるので、車の中にくすりを放置するのはやめましょう。

くすりは、みな同じようにくすり箱に入れておけばいいと思うかもしれませんが、実際にはくすりによって保管方法が違います。温度や湿度、あるいは光の影響を受けやすいものなどもあって、それぞれに適した保管方法があります。当院でも、入院・外来患者様のお薬に関する相談を受けていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



| Facebook | 10:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 手術見学  3月8日

2019年3月8日 西池修先生のBCR-TKA(前後十字靭帯温存型人工膝関節全置換術)手術見学コースに、八尾総合病院 部長兼人工関節センター長 奥田真義先生と、京都第二赤十字病院 医長 平井直文先生がご参加されました。

両先生お疲れ様でした。

2019年3月8日 修先生手術見学 (7)2019年3月8日 修先生手術見学 (2)  2019年3月8日 修先生手術見学 (5) 
2019年3月8日 修先生手術見学 (1)

| Facebook | 14:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Facebookより 栄養科 2019年2月7日

和食サラダ
皆さんこんにちは。栄養科です。

インフルエ
ンザが猛威を振るっていますが、皆さん体調はいかがでしょうか。
釧路では昨年12月に警報が発令され、今尚、患者数は急増しているようです。

インフルエンザ予防には、手洗い・うがいやマスクの着用以外にも、
身体の免疫力を高めることが大切です。

免疫力を高めるには、
①免疫細胞の材料である蛋白質を積極的に摂りましょう!
②腸内環境を整えるため、発酵食品や食物繊維を積極的に摂りましょう!おいしい  
また、ビタミンCやDにも免疫力アップを助けてくれる働きがあります。
③体温を上げるため、温かい飲み物や血行促進作用のある食品を摂りましょう!

手洗い・うがいやマスクの着用の他に、
ウイルスの侵入を防ぐためには、ビタミンAを積極的に摂りましょう!
鼻や喉の粘膜を丈夫にしてくれます。

蛋白質を多く含む食品:肉・魚類、卵、大豆製品、乳製品など
発酵食品:ヨーグルト、納豆、キムチなど
食物繊維を多く含む食品:海藻、根菜、きのこなど
ビタミンCを多く含む食品:新鮮な野菜や果物
ビタミンDを多く含む食品:きのこ、魚類、卵など
血行促進作用のある食品:しょうが、にんにく、ネギ、唐辛子など
ビタミンAを多く含む食品:レバー、うなぎ、穴子、
             にんじん・小松菜・かぼちゃなどの緑黄色野菜

これらの食品だけではなく、
日頃から、主食・主菜・副菜のそろった
バランスのよい食事を心がけていくことが大切です。

| Facebook | 08:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT